フォトフェイシャルとレーザーの違いとは

機械でエステをする
顔の悩みに効果的だといわれる、フォトフェイシャルとレーザー治療。

どちらも似たような印象がありますが、具体的にどう違うのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

フォトフェイシャルとレーザー治療

フォトフェイシャル/th> レーザー
痛み 輪ゴムでパチンと弾かれた程度 輪ゴムでパチンと弾かれた程度
波長 複数 単一
効果が高いお悩み 赤ら顔 シミやそばかす、あざ
メリット 複数の症状に効果がある 一度の効果が高い
デメリット 何度か施術が必要 目のキワまでの施術はできない

フォトフェイシャルとは

メリット

フォトフェイシャルに使われている光は、複数の幅のある波長をもっているため、さまざまな肌の悩みに効果的ですお肌を若返らせたい、小顔、たるみ、しわ、しみ、赤ら顔(毛細血管)肝班、毛穴、ニキビやニキビ跡などさまざまな皮膚トラブルを改善してくれます。

メラニンやヘモグロビン、水に反応するため、シミ・そばかすの改善はもちろん、コラーゲンの合成を活性化させてくれるので、キメ細かい肌質へ変化していきます。

肌トラブルだけでなく、顔周りのたるみも解消できるため、二重あごの解消や小顔効果が期待できます。さらにレーザーほど強い光を出さないため、目のキワまで施術ができます

さらにやけどなどのリスクも少なく、安全性が高いこともフォトフェイシャルの特徴です。
施術後はすぐにメイクすることができ、気軽に利用できるのも嬉しいメリットの一つです。

デメリット

1回の施術で終わりではなく、約3回から5回以上の施術が必要です。施術後、肝班が目立つといった体験談もあがっているため、もともと肝班を持っている人は、施術前にクリニックやサロンで相談することをオススメします。

レーザーとは

メリット

基本的に、単一の波長のある光で施術していきます。フォトフェイシャルは幅があり浅い浸透なのに対して、レーザーは深く狭い幅で肌トラブルの原因へ働きかけていきます。そのため一度の効果が高い施術方法で、短期間での効果が期待できます
さらにメラニンを多く含んでいる、シミやそばかすの治療がより効果的です。

レーザー治療は、光の強さが高いため医師のもとで施術を行います。そのため安心して施術をうけることができ、万が一トラブルがあっても、迅速に対応してもらえるのは嬉しいメリットです。

デメリット

光が強いため、目の近くへの施術はできません。また単一の波長になるため、フォトフェイシャルのように一度で、さまざまな肌トラブルを改善することは難しいです。とくに赤みへの効果はフォトフェイシャルが適しているといえるでしょう

フォトフェイシャルとレーザーの術後ケア

紫外線対策のイラスト
どちらにも共通していえるのが、術後の紫外線対策です。光を照射した肌は紫外線を吸収しやすくなり、強い紫外線を浴びてしまうとシミになる可能性もあります
クリニックやサロンによっては、日焼け止めを塗ってくれるところもありますが、万が一に備えて、事前に用意しましょう。
さらに寝る前の保湿をしっかりすることで、肌の新陳代謝を助け、効果をよりはやく感じることができます

まとめ

フォトフェイシャルとレーザー治療、一見すると同じように見えてしまいがちですが、光の波長から違うため、お悩み別の効果にも違いがあります。自分の肌質にあった施術をうけ、美肌へ一歩全身しましょう!