フォトフェイシャルに通う頻度が知りたい!間隔について


さまざまな肌トラブルをスピード解消できることで人気のフォトフェイシャルですが、理想の頻度や間隔はどれぐらいがよいのでしょうか。

また年齢ごとに肌トラブルは異なり、肌質も年齢とともに下がってきます。年代ごとの肌トラブルと、フォトフェイシャルの効果についてまとめてみました。

フォトフェイシャルの頻度

フォトフェイシャルは一度で終わりというわけでなく、5回以上の施術が望ましいと言われています。副作用も少なく、安全性が高いとされているフォトフェイシャルですが、数日ごとに施術を受ける必要はありません。

肌のターンオーバーに合わせて、通うのが理想とされ1カ月を目安に施術を推奨しているクリニックやサロンが多く、3週間間隔で通っている人が多いようです。

さらに肌質が改善したから終わりというわけでなく、年齢とともにコラーゲン生成が衰えてくるため、肌のハリや潤いも失われてしまいます。肌老化を緩やかにするためにも、「キープトリートメント」として月に1度、通うことが推奨されています

肌のターンオーバーについて

肌のターンオーバーの仕組み

肌のつくり 役割
表皮 外部からの刺激から体を守る役割をはたします。
真皮 表皮を支える役割をしています。
皮下組織 外部からの力などから体を守る役割をしています。

肌は、この三層から成りたっており、ターンオーバーは「表皮」の中で行われている新陳代謝のことをいいます

表皮のつくり 役割
角質層 ・角質細胞として、基底層から押し上げられてきた細胞が剥がれ落ちる役割をします。
・天然の保湿クリームを分泌し、肌のバリア機能をします。
顆粒層 ・紫外線をブロックし、肌のバリア機能の役割をはたします。
・肌の水分保持をするNMFをつくります。
有棘層 ・表皮の中で一番厚い層です。
・老廃物を流し表皮に栄養を運ぶ役割をしています。
基底層 ・表皮の元になる角化細胞(ケラチノサイト)をつくります。
・紫外線などのダメージが届かないように、メラニン色素を生成しています。

肌のターンオーバーは、14日間かけて新しい細胞がつくられ上の層にあたる、「角質層」へ届きます。さらに14日かけて角質層で肌のバリア機能を果たし、剥がれ落ちていく「28日周期」が理想とされ、この新陳代謝周期をターンオーバーと呼びます

フォトフェイシャルと年代別の効果について


フォトフェイシャルは早い年代に施術をすることで、効果がより高まります
フォトフェイシャルの光はコラーゲンの合成を活性化する役割があるため、コラーゲン量が多い20代の肌に施術をすると、一番反応が大きいからです。ただし20代の肌は、コラーゲン量が元々おおくハリがあるため、施術前と後の違いの差はコラーゲン量が少ない、40代や50代の年代より感じにくいです。

年代別!お肌の悩みランキング
20代 30代 40代 50代
1 毛穴の黒ずみ 毛穴の開き シミ・そばかす シミ・そばかす
2 乾燥・かさつき シミ・そばかす 乾燥・かさつき シワ
3 毛穴の開き 毛穴の黒ずみ 毛穴の開き ハリ・弾力のなさ
4 ニキビ 乾燥・かさつき くすみ くすみ
5 シミ・そばかす くすみ シワ 毛穴の開き

20代の肌トラブルと効果

20代では、皮脂の分泌が活発なのもあり、毛穴の悩みが多い傾向にあります。
大人ニキビに悩むのも20代の特徴です。コラーゲンが豊富な20代からフォトフェイシャルをすることで、ニキビ跡の早い改善や毛穴の引き締まりも、より早い効果が期待できます。さらに、30代に向けての予防ができるメリットもあります。

30代の肌トラブルと効果

30代になってくると、紫外線の影響がではじめシミや毛穴の開きなどが気になりだします。出来てしまったシミを短期間で安全に施術できるのは、フォトフェイシャルのメリットです。さらに開いてしまった毛穴を引き締めることができます。

40代の肌トラブルと効果

40代になると、シミの濃さや量が増えてきます。さらにハリや弾力もなくなってくることから、たるみも気になりだす時期です。フォトフェイシャルをすることで、コラーゲンの合成を活性化し、ハリや弾力を取り戻すことができますさらに50代に向けて深いシワができないように予防効果も期待できます。

50代の肌トラブルと効果

コラーゲン生成が20代の頃と比べると、半分以下になっているため、肌のたるみで悩む人が一気に増加します。さらに潤い不足から、深いシワが刻まれだしてくるのもこの時期です。フォトフェイシャルで肌の内側から根本的に解決することで、全体的な肌の悩みを改善してくれます