フェイシャルについて詳しく知ろう!色々な施術方法

鏡を見る女性の横顔
フェイシャルには、「フェイシャルエステ」や「フォトフェイシャル」など呼び方があります。
どちらも、主に顔の悩みを解決してくれる施術メニューになり、オールハンドから機械まで幅広い施術方法があります。

年齢別に顔の悩みはつきません。

フェイシャルで、今の自分よりキレイに生まれ変わりませんか?

フェイシャルの施術方法や特徴について、まとめてみました。

施術方法

エステティシャンのイラスト

施術方法 メリット デメリット
オールハンド ・リラクゼーション効果が高い
・個人に合わせた施術ができる
・エステティシャンによって技術の差が出る
機械 ・即効性がある ・痛みを感じる場合がある

オールハンド

〈メリット〉
オールハンドのフェイシャルは、その名の通り機械を使わずに全て「手」で行う施術になります。

一番のメリットは、人の温かみを感じられるためリラクゼーション効果が高く、日頃からストレスを感じている人には、オールハンドの施術がオススメです。さらに機械にはできない細かな微調整ができ、人それぞれに合わせた微妙な変化に対応でき、体の内側からゆっくり、深く改善していく施術スタイルです。

〈デメリット〉
エステティシャンの技術によって、差が出てきます。

ゴッドハンドと言われる熟練した技をもった施術者から、新人までいるため、サロン選びが大切なポイントになります。

機械での施術

〈メリット〉
人の手では行きとどかない部分への効果が高く、即効性があり効果をすぐに実感しやすい施術になります。

さらに細胞を燃やすことや、壊すことができ、気になる部分への集中ケアも可能です。科学技術の進化とともに機械も最新型に開発されていきます。

〈デメリット〉
機械なので、個人個人に合わせた施術はできません。

人それぞれに合わせた微妙な変化に対応することはできないため、場合によっては痛みを感じてしまう場合もあります。

クリニックとサロンの違い

疑問があるスタッフのイラスト

場所 メリット デメリット
クリニック ・一度の効果が高い
・安全性が高い
・費用が高め
・クリニックによって費用が違う
サロン ・目のキワなど細かい施術が可能
・費用が安く抑えられる
・回数が必要
・サロンによって効果が違う

クリニック

〈メリット〉
皮膚科などのクリニックで行われるフォトフェイシャルは、医師が行う医療行為にあたります。

そのため医師免許がないサロンでは出来ない、出力の高い施術をうけることができるため、一度の効果が高く即効性があります。さらに医師や看護師の元、施術を行うため、施術中にトラブルが発生しても、迅速な対応ができ、安全面で保証があるのもメリットの一つです。

〈デメリット〉
医師の元で行う医療行為になり、保険適応外のため、費用が高めになります。
さらに値段設定がクリニックによる自由診療のため、地域やクリニックによって同じ機種でも費用に差がでてきます。

サロン

〈メリット〉
フェイシャルをうけることができるサロンは、エステサロンと脱毛サロンの主に二つあります。

照射の出力が高いクリニックではできなかった、目のキワまで施術が可能なため、目尻など細かいキワまで解消できます
さらにクリニックが機械だけの施術に対して、サロンではオールハンドと機械の両方の施術をうけられることが多く、リラクゼーション効果を高く感じられます。

日頃ストレスを多く抱えている人にはオススメな施術方法で、費用もクリニックに比べて安く抑えられることもメリットの一つです。フェイシャルは、年齢ごとに悩みが異なるため、通い続けることで肌トラブルやアンチエイジング効果が高まります。
続けやすい値段設定が、美を持続させてくれます。

〈デメリット〉
回数を重ねることで、効果がより発揮されるため、一度の効果はクリニックより望めません。

またサロンの機械によって効果のバラつきがでてしまいます。そのためサロン選びが重要なポイントです。

まとめ

一言にフェイシャルといっても、機械からオールハンドまでさまざまです。

自分には何が必要な施術なのかを見極めることで、クリニックかサロンへ行くべきかを選びましょう。年齢を重ねるごとに、肌の悩みは変わってきます

何事も続けることで、キレイを持続できるため、相性の良い施術方法と場所選びをしていきましょう!