フォトフェイシャルでシミが消える!?

シミを気にする女性のイラスト
フォトフェイシャルは、年齢とともに気になりだすシミへ効果的に改善してくれるといわれています。

シミの種類や原因とともに、フォトフェイシャルの効果をチェックしましょう!

シミの種類と原因

肌のターンオーバーの乱れの解説
シミの種類には大きく分けて4つあり、実はシミは肌表皮の薄い部分で起こっており、紫外線や肌のターンオーバーが密接に関係しています

フォトフェイシャルは、肌の真皮層まで届き、根本からシミを解決してくれるため、改善できるのです。まずはシミの種類とそれぞれの原因について、あてはまるシミはありますか?

日光黒子(にっこうこくし)

多くのシミがこのタイプです。紫外線をよく浴びたことによりシミが表面へ浮き上がってきます。シミの大きさも、1円玉ほどの大きさもあれば、小さいものまでさまざまです。顔以外にも、手や背中ウデなどの紫外線を浴びやすい露出した部分に多く、年齢を重ねるごとに増えてきます

肝班(かんぱん)

30~40才代でおこりやすいシミです。目のまわりをさけ、頬骨にそって左右対称にできるのが特徴です。女性ホルモンが影響しているともいわれており、妊娠や避妊薬などのきっかけで症状がすすむとも言われています。また高齢者ではほとんどできないもの特徴の一つです。

雀卵班(じゃくらんはん)

そばかすとも呼ばれます。遺伝的な要素が強く、小さいころから鼻や頬に小さな丸い斑点として出ることも多い症状です。

炎症後色素沈着(えんそうごしきそちんちゃく)

ニキビや火傷、かぶれなど肌炎症が原因で褐色のシミができます。時間とともに治まることがおおく、炎症で起こる色素沈着のため、年齢や性別に関係なくできます。

シミと紫外線との関わり


シミは紫外線から肌を守ろうと、メラニンが生成され、肌のターンオーバーが間に合わないことでシミとして表皮に現れます。
悪者にされがちなメラニンですが、紫外線のダメージから肌を守るために体から生み出される強い味方なのです。メラニンが生成されないまま、紫外線を浴び続けると皮膚がんのリスクも高まるため、体の中で重要な機能を補っているのです。

フォトフェイシャルは、肌の奥までゆっくりと作用することでターンオーバーを整え、メラニン生成を防ぐだけでなく、出来てしまったメラニン(シミ)に反応することで、肌を若々しくキレイにしてくれます

紫外線の種類と予防

紫外線には2種類あるのをご存知でしたか?
じつは2種類で全く異なる性質を持っているため、予防法も異なります。
違いを見比べてみましょう。

UVA波 UVB波
肌に与える影響 シミ、しわの原因 肌を赤くする
皮膚がんやシミの原因
届く場所 肌の奥(真皮) 肌表面
紫外線カット指数
(紫外線対策)
PA SPF

UVA波

わたしたちが普段浴びている紫外線の中で、約9割を占めているのがUVA波です
車の中や部屋の中で浴びやすいのがUVA波で、肌の奥からじわじわと影響を及ぼしてきます。UVB波のように、肌が赤くなることがないため、少しの外出で大丈夫と思ってしまうと、年月をかけてゆっくりと肌の老化現象を引き起こします。

UVB波

普段の生活の中で1割程度しか届いていないのが、UVB波です。しかしUVB波はUVA波より強いエネルギーがあります。UVA波のように肌の奥まで届くことはありませんが、その強いエネルギーでUVB波は肌表面を赤く炎症させてしまいます。海やリゾートで日焼けする原因のほとんどがUVB波になります。

対策


紫外線対策の代名詞、日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。

紫外線カット指数 レジャー 日常生活 2時間以内の外出
PA(UVA波) SPF10~20 PA++ PA+
SPF(UVB波) SPF50 SPF30 SPF10~20

UVA波には「PA」、UVB波には「SPF」が効果的に紫外線をカットしてくれます。

最近では、お化粧品の中にPAやSPFが入っているのも多いです。

ちょっとしたお出かけや、公園やレジャーの予定まで、そのときにあった日焼け止めで効果的に肌を守りシミ対策を心がけましょう!