沖縄でフォトフェイシャル!シミ、毛穴、ニキビ跡を撃退

沖縄は本土と比べて約2倍もの紫外線が降り注いでいます

紫外線は、お肌にダメージを与えるため、沖縄の女性は本土の女性と比べると、肌ダメージのリスクが高まります。

その結果、沖縄女性のお悩み上位に、シミ(肝班)そばかす毛穴ニキビ跡赤ら顔といった、肌トラブルを抱えやすい傾向にあります。

さまざまな肌トラブルに「フォトフェイシャル」が、効果的に解消してくれるとご存知でしたか?

今回はお悩み別の原因と改善方法、フォトフェイシャルの作用についてご紹介します。

お悩み別!原因と対策方法

肌トラブルがある女性

シミ

〈原因〉

シミが出来る原因は紫外線です。長年紫外線をうけることで、肌がダメージをうけメラニンを外に排出する力「ターンオーバー」が弱まります。さらに活性酸素もふやすことで、メラニンを外へ排出するターンオーバーが乱れてしまった結果、シミとして表面に出てきます
本土の2倍もの紫外線が降り注ぐ沖縄では、シミに悩んでいる女性が圧倒的に多いです


〈対策〉

紫外線が強い沖縄では、日頃からの紫外線予防が必要不可欠です。
日常的な外出時には、SPF30・PA++の日焼け止めを塗るだけで十分です。夏場のファンデーションにSPFやPAが入っている化粧品を選ぶこともオススメです。

毛穴

〈原因〉

毛穴が開く原因の多くは、皮脂の過剰分泌により皮脂の出口である毛穴が大きくなってしまうというケースです。さらに肌の乾燥やハリが失われることによる、たるみが起ります。年中気候が温暖な沖縄では、皮脂過剰により毛穴が開きやすいといえるでしょう。


〈対策〉

クレンジングをしっかりと行いましょう。ただし、こすりすぎや肌に合わない洗顔料を使ってしまうと、皮膚を傷つけてしまう恐れもあるため、自分の肌質に合った洗顔料を選びましょう。

ニキビ跡

〈原因〉

ニキビを引き起こす原因は、アクネ菌が増殖するためです。強い炎症が皮膚の奥深くまでおよぶことで、真皮やコラーゲンが破壊され、へこみや陥没といった症状が引き起ります。さらにニキビが治っても赤みや茶色い色素沈着が残る場合は、皮膚の中でヘモグロビンやメラニンが残ることが原因です。


〈対策〉

ニキビを引き起こす、アクネ菌の増殖を防ぐことが大切なポイントです。
生活習慣を改善して、肌トラブルが起こりにくい環境をつくりましょう。さらに日頃からのスキンケアのステップを見直し、保湿クリームなどでお肌の潤いをキープしましょう

赤ら顔

〈原因〉

皮膚の下にはたくさんの毛細血管があります。毛細血管が拡張することで皮膚表面に透けてみえ、全体的に赤ら顔にみえる場合がほとんどです。
毛細血管が拡張する原因として、皮脂分泌が多くなることで脂漏性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎によるものがあります。


〈対策〉

食生活を見直し、刺激物の取りすぎに気をつけましょう。腸内環境を整え、お通じをよくすることで、皮膚炎やアレルギー対策になります。また気温差の大きいところでは気を付け、十分な睡眠をとることも対策の一つです。

フォトフェイシャルの作用

エステをうける女性

フォトフェイシャルは、アメリカのカリフォルニア州の医師によって開発されました。
従来のレーザーは、それぞれの肌トラブルに対して光の波長を合わせなくては、いけなかったため、シミならシミにしか作用しないという、単発的な作用しかありませんでした。

しかしフォトフェイシャルは一度にたくさんの光の波長が出るため、シミだけでなく、毛穴、ニキビ跡や赤ら顔など、さまざまな効果が期待できます。

さらにフォトフェイシャルの光は、肌トラブルの原因となる部分に働きかけてくれるため、コラーゲンの合成を活性化し、素肌を傷つけることなく、肌を根本からキレイにしてくれるのです。

フォトフェイシャルの中でも、BBL(ブロードバンドライト)はキングオブレーザーと言われており、従来の5倍の美容効果を発揮してくれる、最先端のスーパーフォトフェイシャルです。